ラジエターキャップ アメ車パーツの通販

 アメリッツ・ドットコム 掲載されていない部品もお問合せ下さい!
商品問合せ
車名で探す
アイテムで探す
注目の新商品 HOTITEM
注文カンタン!定期交換部品
必ずお読みください。
専門スタッフが丁寧にお答えします。0798-23-3343
商品お問合せ
業者販売(業販)見積依頼 0798-23-3347
FAX用紙ダウンロード
AdobeReaderをダウンロード
企業情報
特定商取引法に基づく表記
個人情報保護方針
リアルショップのご案内
採用情報
パートナー企業募集
私たちにお任せください STAFF MESSAGE

アメリッツ・ドットコムでは、お客様からいただきましたメールへのお返事は、必ず2営業日以内に返信させていただいております。

万一、メールをお送りいただいたにも関わらず、当社より返信が届かない場合は、大変お手数をお掛け致しますが、
再度ご連絡
下さいます様、お願い致します。
最新情報をお届けします メールマガジン登録
修理・メンテナンスを分りやすく解説
PR情報
200系ハイエース用カスタムパーツ通販サイト
NV350キャラバン用カスタムパーツ通販サイト
アルファード、ヴェルファイア用カスタムパーツ通販サイト
CH-R用カスタムパーツ通販サイト
ジムニー用カスタムパーツ通販サイト
プリウス用カスタムパーツ販売サイト プリウスカスタムドットコム
レクサス・欧州車用カスタムパーツ販売サイト ラグジュアリーカーパーツドットコム
アメリッツ コーポレートサイト
トップページ カートの中を見る 送料・お支払い よくあるご質問 お客様の声
トップページ > 愛車メンテナンスTOP >ラジエーターキャップ交換

 


■ ラジエーターキャップの交換 (モデルはパークアベニュー)
ラジエーターキャップの不良は、オーバーヒートの原因にもなります。

永年使用したキャップのシール部分は劣化し、十分な機能を果たしません。ラジエーターキャップの取付位置は車輌によって異なりますので、事前に車輌取扱説明書をチェックしてください。

今回はビュイックパークアベニューをモデルに交換手順を解説します。
※写真をクリックすると拡大できます。

(1) まず、ラジエーターキャップをはずす作業ですが、クーラントが熱い状態でラジエーターキャップを開けると、火傷の恐れがあります。

この作業は、必ずクーラントが冷えている時に行ってください。

(2) ラジエーターキャップは基本的に反時計回りに回転させながらはずします。
クーラントの吹き出しを防ぐ為、特殊な構造をしています。

まず、反時計回りにキャップが止まるまで回転させてください。
状況により「シュー」と圧が抜ける音がします。この音がした場合は圧が抜けきるまで待ちます。

(3) 次に、キャップを押し込みながら反時計回りに回転させて下さい。

正確に押し下げないと、ラジエーターキャップは回転しません。

(4) ラジエーターキャップが外れたら、クーラント量もチェックしましょう。
クーラントがラジエーターの入口部分まで入っていれば正常です。

リザーブタンク内のクーラントは減らず、ラジエーター内のクーラントだけが減ってしまう場合は、早めに整備工場に相談してください。

(5) 装着されていたラジエーターキャップの劣化を確認。

(6) キャップ装着は、取り外しの逆手順で行なってください。オーバーヒートの原因になりますので最後まで正確に締めてください。

(7) ラジエーターキャップは、各車種ごとに「純正部品ページ」で販売しています。

掲載されていない車種はシリアルナンバーを記載して「お問い合わせ」よりメールして下さい。価格と納期をご連絡させていただきます。


 

ページトップに戻る
  トップページ | カートの中を見る | 商品お問合せ | 送料・お支払い方法 | サイトマップ
株式会社アメリッツ 〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町5-18 TEL:0798-23-3343 FAX:0798-23-3347
[ お電話受付中! 月〜土10:00〜18:00/第2.第4土曜・祝日除く ]
Copyright AmeritsAutomotiveCompany all rights reserved.