バッテリー交換 アメ車パーツの通販

 アメリッツ・ドットコム 掲載されていない部品もお問合せ下さい!
商品問合せ
車名で探す
アイテムで探す
注目の新商品 HOTITEM
注文カンタン!定期交換部品
必ずお読みください。
専門スタッフが丁寧にお答えします。0798-23-3343
商品お問合せ
業者販売(業販)見積依頼 0798-23-3347
FAX用紙ダウンロード
AdobeReaderをダウンロード
企業情報
特定商取引法に基づく表記
個人情報保護方針
リアルショップのご案内
採用情報
パートナー企業募集
私たちにお任せください STAFF MESSAGE

アメリッツ・ドットコムでは、お客様からいただきましたメールへのお返事は、必ず2営業日以内に返信させていただいております。

万一、メールをお送りいただいたにも関わらず、当社より返信が届かない場合は、大変お手数をお掛け致しますが、
再度ご連絡
下さいます様、お願い致します。
最新情報をお届けします メールマガジン登録
修理・メンテナンスを分りやすく解説
PR情報
200系ハイエース用カスタムパーツ通販サイト
NV350キャラバン用カスタムパーツ通販サイト
アルファード、ヴェルファイア用カスタムパーツ通販サイト
CH-R用カスタムパーツ通販サイト
ジムニー用カスタムパーツ通販サイト
プリウス用カスタムパーツ販売サイト プリウスカスタムドットコム
レクサス・欧州車用カスタムパーツ販売サイト ラグジュアリーカーパーツドットコム
アメリッツ コーポレートサイト
トップページ カートの中を見る 送料・お支払い よくあるご質問 お客様の声
トップページ > 愛車メンテナンスTOP >バッテリーの交換

 


■ バッテリーの交換 (モデルはシボレーブレイザー)

朝、エンジンをかけようとしても全然動かない・・・。気温が下がるとバッテリー電圧も下がりますのでエンジンがかからなくなることがあります。

エアコン、カーナビ、各種電装品が装備され、バッテリーへの負担は大きくなっています。
バッテリーの寿命は使用状況にもよりますが、約2〜3年程度と言われています。
早めにバッテリー交換されることをオススメします。


※バッテリー交換によって一部の車両は、センサー等のメモリーがリセットされる場合があります。
そのような車両では、シフトタイミングが初期状態に戻ったり、エンストを起す場合があります。

※写真をクリックすると拡大できます。

(1) エンジンが始動できない場合はバッテリー電圧が低くなってる可能性があります。特に真冬は、エンジンオイル等も硬くなっていますので弱っているバッテリーにとっては非常に厳しい条件になります。

(2) バッテリーターミナルを接続する際、まれに集中ロックが作動し、室内にキーが閉じ込められる場合(インロック)がありますので、作業前に必ずキーを抜いて下さい。


(3) 補水不要(メインテナンスフリー)のACデルコ製バッテリーにはバッテリーのコンディションを示す点検窓が装備されています。
正常電圧の場合は、きれいな緑色。

電圧が低下している場合は黒っぽくなっています。

(4) バッテリーはマイナス(−)ターミナルから取外します。
この時、工具等がとなりのプラス(+)ターミナルに触れないように注意してください。


※ターミナル等がショートして火花が散るとバッテリーが爆発する恐れがありますので十分注意して下さい。

(5) 次にバッテリーのプラス(+)ターミナルを外します。この場合も隣のマイナス(−)ターミナルに触れないように注意してください。
バッテリー液が漏れている場合は素手で触らずに保護手袋を装着して下さい。

バッテリー液に直接触るとたいへん危険です。十分注意して下さい。

(6) バッテリーを固定しているブラケットを外します。この場合も、プラス(+)ターミナルに工具等が触れてショートしないように注意して下さい。

(7) ブラケットが外れたらバッテリーを取り出します。
バッテリーは思った以上に重量があります、指のケガに注意して下さい。

(8) バッテリートレイの状態も確認して下さい。
バッテリーの液漏れにより、錆びている場合はサビ止め塗装などで保護しましょう。

(9) 新しいバッテリーを取り付けます。
この場合も、バッテリーの重さでケガをしないように注意して下さい。

また、配線等をバッテリーの下側に挟まないように注意して下さい。

(10) 取付はバッテリーのプラス(+)ターミナルから取付をします。
この場合も隣のマイナス(−)ターミナルに触れないように注意してください。

(11) バッテリーを固定しているブラケットを取付ます。
この場合も、プラス(+)ターミナルに工具等が触れないように注意して下さい

(12) 十分注意をしながら、マイナス(−)ターミナルを取付ます。

(13)

取付けに問題がなければ、エンジンを始動します。

メーターパネルに電圧計が装備されている場合は電圧が12V付近にあるか確認して下さい。


(14) エンジンが始動し、オルタネーター(発電機)が正常な場合は、14V付近まで電圧計が上がるはずです。
電圧計が装備されていない車両はバッテリー警告等が消灯するか確認して下さい。


※エンジンが正常に始動しても、電圧計が上がらない場合や、警告等が消灯しない場合はオルタネーター(発電機)の不良が考えられます。
オルタネーター不良の場合は、しばらくするとバッテリーが再度上がってしまいますので、すぐに、お近くの修理工場等で点検、修理をオススメします。

各車種用ACデルコ製バッテリーのご購入はこちらへ

ページトップに戻る
  トップページ | カートの中を見る | 商品お問合せ | 送料・お支払い方法 | サイトマップ
株式会社アメリッツ 〒662-0975 兵庫県西宮市市庭町5-18 TEL:0798-23-3343 FAX:0798-23-3347
[ お電話受付中! 月〜土10:00〜18:00/第2.第4土曜・祝日除く ]
Copyright AmeritsAutomotiveCompany all rights reserved.